村上木彫堆朱の印鑑

投稿日:

村上木彫堆朱の印鑑で、材質は「つげ」の木、彫刻は「椿」です。印鑑業界では「開運印鑑」のことを吉相印と呼び、その印鑑に用いられる印材や形状なども限定され、良いとされる印材は象牙・黒水牛・白水牛・つげの4種類だそうです。
椿の彫刻は村上木彫堆朱伝統工芸士の人に彫ってもらい、塗りは同じく村上木彫堆朱伝統工芸士である私が塗り上げました。印鑑用の「つげ」にはラッカーが塗ってあり、それを全部落として(削って)からでないと漆が塗れない(木に漆が浸透していかない)ので、塗りも工程が多くなり手間が増えます。
お客様に書体を選んでもらい、村上市内の印章店の人に名前を彫って頂き、村上木彫堆朱と同じ国の伝統的工芸品に指定されている「甲州印伝」のケースに入れて納めています。先日もお店の商品を見ていた人が、この村上木彫堆朱印鑑を気にいってくださり、ご注文を頂きました。村上木彫堆朱は使えば使うほどに色艶が増してきますので、ぜひ長く使ってほしいです。

-お知らせ

Copyright© 小杉漆器店 , 2020 All Rights Reserved.